インプラントに対する利点、メリット

MAIN IMAGE_インプラント

私が入れ歯からインプラントに変えた話をしたいと思います。
私は以前から入れ歯の手入れが大変だと思っていましたしかし私の知り合いがインプラントに変えたという噂を耳にしたのです。
そして知り合いに聞いてみると、今は調子がいいと言っていました。
確かに最初は痛くて怖そうでかなり費用が掛かるのでは、とやる気はなかったみたいですがやはり昔みたいに自分の歯のような感覚でおいしいものを食べたいとおもい踏み切ったそうです。
説明を聞いてみると歯にボルトを入れるための穴をあけ歯にボルトつまりねじを入れてそれを歯の根っこの代わりをしてその上にアパットメントつまり人工の歯をはめ込みます。
そこまでにかかる期間はだいたい3~12か月くらいかかるそうですなぜならボルト(ねじ)と歯の土台となる骨(あごの骨)どうしの結合つまりは定着に時間がかかるようです。
まあ骨と金属をくっつけるんですから時間はかかりそうですね。
しかしデメリットもあります。
まず手術が必要です。
さらに定着させるための骨が弱いとねじがつけれないそうです
しかしこれには改善する余地があるようです骨を作る治療をすればつけれるようになるようです
さらに治療期間が長いです先ほども説明したとおり3~12か月かかりますさらに歯周病などで歯茎が下がってる場合は見た目の回復が難しいこともあるようです
さらに治療後のメンテナンス(歯磨きや定期検診のことです)ができない人には向かないようです
さらに治療費が高いですねだいたい1本あたり15~50万円くらいだそうですさらに治療費に35~45万円暗きかかるそうです
私の知り合いはインプラント1本23万円、治療費は38万円くらいかかったそうです。
しかしデメリットばかりではありません。


私は先ほどの話を聞きメンテナンス(歯磨きや定期検診)もできそうだし費用も用意できそうだと思っていました、そして踏み切った大きな理由はなにより昔のように自分の歯で食べれるような感じに憧れたからです。
さあやってみるかと思い歯医者に行きインプラントのことを相談してみました。
そうするとインプラントの土台の骨は丈夫でこの年の骨とは思えないと言われました。
そしてさっそく今日ボルト(ねじ)をつけましょうと言われやってみることに全身麻酔をかけられるのかと思いきや治療するところだけの麻酔、局所麻酔だけで済みました削られているときは変な感じだなと思いながら1時間20分くらいたった頃だったと思いますがアッという間に終わったなとおもいました。
とくにつけられたボルトに関しては特に違和感は感じませんでした。
それから4か月くらいたったころの定期検診でもうつけてもいいでしょうと言われましたわたしはうれしくて今日つけれますかと聞いたのですがまだものが届いてないということだったので届き次第連絡をくれるとのことだったので楽しみに待つことにしました
数日後ものが届いたという連絡が来たので急いで歯医者に行きましたそしてつけてもらったその日いままでは食べれなかった固い煎餅をさっそく食べました
今まで食べれなかったので感動して涙がこみ上げてきました。
インプラントに変えて私が一番良かった利点は、最近はあまり行かなくなった妻との外食や旅行によくいくようになったことですね。
インプラントに変えてから妻もやわらかいものばかり作らなくて済むとうれしそうにいってます。
最近で耳にする機会も増えてきたインプラント治療。
そんな治療をできる病院がいくつか紹介されているサイトhttp://1five1.org/byo.htmlがこちらにあります。
考えている方は是非参考にしてください。