インプラントかブリッジ、どちらにしようか考え、インプラントに

MAIN IMAGE_インプラント

わたしは昨年の暮れ、それまで放置してきた奥歯の虫歯の痛みに耐え切れずに歯医者に行き、抜歯をしました。
そしてその後、インプラントにするかブリッジにするか歯医者さんから選択するよう勧められ、考えた結果、インプラント治療を受ける事に決めたのです。
他にも選択肢として部分入れ歯もありましたが、食後に食べ物が詰まる事が多い事、そのたびに入れ歯を外して手入れをしなければいけないこと、そして何よりまだ20代という年齢を考えたわたしは部分入れ歯は最初から除外して考えたのです。
ブリッジはメリットは保険が適用される治療で比較的安く治療が出来ること、本物の歯に近い強さで食べ物を噛む事が出来ることがあげられる反面、両隣の歯を大きく削って治療しなければいけないデメリットがあります。
そして治療後、その両隣の歯が虫歯になった場合はまたブリッジを作りなおさなければならないのも大きなデメリットです。
ブリッジを白い歯で作ることも出来ますが、そうなると保険外治療となり、かなり高額になるのも選択をする際に躊躇った理由ですね。
そんなわけで、わたしが選んだのはインプラントでした。
この治療法だと人口の歯根を顎の骨に埋め込んでその上に人口の歯を取り付けるので、ブリッジみたいに両隣の歯への負担がありません。
直接顎の骨に埋め込むため、本物の歯同様食べ物を食べる事が出来ます。
そして何より、見た目が本物の歯と変わらないので、女性のわたしにとってこの点は選択の際にとても重要だったのです。
治療費は30万円ほどかかってしまいましたが、この治療を決断したのです。


一般的にインプラント治療は保険外治療となるために、歯1本につき約30万円ほど治療代がかかる、と言われています。
しかし、医療費控除を受けられるので、確定申告をすれば、治療にかかったお金のある程度は戻ってくる事をみなさんご存知でしょうか。
年間医療費が10万円を超えた場合、それ以上かかった分に対してはその年に支払った所得税の範囲内で戻ってくるこの仕組みを利用しないでインプラント治療を受けるのはとても損な事だと思います。
もちろん、確定申告の際には治療を受けた際の領収書が必要になるので、わたしは領収書をしっかり保管して確定申告で医療費控除をする予定です。
現在、わたしはインプラント治療を受け、とても自然でキレイな歯を手に入れることが出来ました。
毎日の生活においても不具合など全くなく快適に生活を送る事が出来ています。
以前に比べ、笑顔が出やすくなった気がしております。
人口の歯の部分はとてもキレイなものや自分の歯とあった色のものなど何種類かの中からわたしは他の歯と違和感ないものを選んで取り付けました。
ブリッジ治療を選択しなくて本当によかったと今わたしは考えております。
もしブリッジ治療を選択して受けていたらその後も定期的に歯医者で検診したりしなければいけなかったでしょうし、顎の骨が少しずつ痩せていってしまう心配もあったからです。
わたしは今回の治療で手に入れた新しい歯とともに快適に生活するため、日々の歯の手入れを怠ることなくこれから過ごしていこうと思っています。
そして毎日を若々しく健康に生きていこうと思います。