インプラントのアフターケアについて

MAIN IMAGE_インプラント

二年半ほど前にインプラントの手術を左の下の奥歯で行いました。
台座を取り付ける手術はそれほど時間はかかりませんでしたが、この台座が定着するまでにやはり二ヵ月半近い時間がかかりました。
台座が定着しますと、あとはその上に人工歯を取り付けて終了ということになります。
しかしその後も最初のうちはかなり頻繁に歯科医のアフターケアを受けることになりました。
基本的には歯周病になっていないかを毎回細かくチェックされるのが主なケアの作業で、歯と一緒に歯周病予防のために毎日うがい薬できちんと汚れを落とすという作業を食後に毎回行うことを義務づけられました。
3ヶ月近くこうした食後のアフターケアをしたことにより歯茎の病気にもかかることなく現在に至っています。
やはり最初の3ヶ月から6ヶ月程度はこうしたケアを慎重に行わないと結局失敗してしまうということで、全体の印象としては手術時点より術後のケアが大変大切であるということがよくわかりました。
こうしたアフターケアは今でも続いており、ほぼ半年ごとに継続して診察してもらうようにしています。
このように治療は手術して終わりではなく、手術をしてからも定期的な診察が必要になってきます。http://digital-word.com/period.html
私の場合は比較的自分でも目視できる下の奥歯であることもあって、手入れはさほど難しくありません。
実際には普通の歯と同じように磨いてあげて、周辺の歯茎の部分も汚れが残らないように丁寧に磨くようにしています。
すべて歯磨きが終ったところでうがい薬を使ってうがいをして個人としてのケアは完成します。
さすがに会社や出先ではそこまではできませんので、外にいるときにはどちらかというとマウスオォッシュに頼るようにしています。


施術をした先生の説明によりますと、うまくあごの骨に台座が定着しても、もっとも問題になるのは歯周病だそうで、周辺が腫れてしまいますと、通常の自分の歯と同じでぐらぐらになってしまい、最終的に外れてしまうことが多いため、とにかくアフターケアではその点に最大限気をつかわれるそうです。
特にブリッジの形状のインプラントであったり、自分の目では直接見難い位置二設置したインプラントなどですとどうしても磨き残しがでたりして歯茎が腫れることからトラブルが起こるそうです。
やはり酷く腫れるといった異変が起きますと、体自体が異物を取り除こうとして結局抜けてしまうようになるようで、そうならないアフターケアが非常に重要であるという説明を何度も伺いました。
実際使用しはじめますと、すっかり自分の歯と同じような感覚で人工歯を入れているという印象が無くなるので、常に意識してケアをしていくようにする必要があることを痛感します。
奥歯ですと特に食事の後に食べ物のかすなどがたまりやすく、これが歯と歯茎の間にたまってしまいますと本格的な歯肉炎になる可能性があるため十分な注意が必要です。
やはり歯ブラシで磨いたあとにマウスウォッシュのようなうがい薬で入念にうがいをしますとかなりすっきりとることができて安心です。
通常の自分の歯の時と比べると少し神経質になりすぎるぐらいですが、とにかく歯茎の病気にならないためにはその位の意識で望んだほうがいいというのが先生からのアドバイスで、今もこうしたケアを続けています。
こうした面倒をみてあげればインプラントは実に快適に利用でき、硬いものも自在で噛み切ることができます。 http://www.mercyphysiciangroup.com/failure.htmlには失敗したときの事例についてかいてありますのでご覧ください。