あごの骨が薄くなったわたしでもインプラントを取り付けられました

MAIN IMAGE_インプラント

約10年ほど前に、若い頃から失っていた歯を補うためにブリッジをして生活してたわたし。
ブリッジだと、どうしてもあごの骨が少しずつ痩せ細っていくため、定期的に歯医者へ足を運び状態を調べてもらって時にはブリッジを取り替えたりもしていました。
そのような煩わしさ、手間から何とか開放されたい、と思っていたわたしは思い切って先日インプラント手術をする歯科へと足を運んで手術を受けられるか相談をすることにしたのです。
10年前にも1度考えたのですが、その時は金銭的な余裕がなかったことと、何より若い頃から歯を失っていたために既にインプラント手術が出来ないくらいあごの骨が痩せていたので断念したのです。
しかし、時代とともに骨の形成の技術が進歩していることを知っていたので、今回相談をし、その結果、手術を受ける事が出来ることを知りました。
これで、ブリッジを取り付けていることによる手間や煩わしさから開放される、と思ったわたしは相談をした日のうちに手術の予約を入れ、インプラントを取り付ける事を決めました。
ブリッジとインプラントの違いやそれぞれを比較したサイトがhttp://www.shastapedali.com/jyu.htmlにあります。
わたしが治療する歯は上の奥歯で、ついでにブリッジで支えとなっていた2本の歯も治療を受ける事にしました。
痩せた骨を増やすために、サイナスリフトという技術を用いて骨を移植する手術をするため、その骨が定着するまで約半年から9ヶ月ほどかかるので、最終的に治療がすべて終わるのに1年ほどかかるらしいですが、手術自体ほとんど痛みを感じず行え、1年後には本物の歯同様の快適な生活が送れることを想像したわたしは治療することを決断したのです。


今の技術を用いればインプラントを埋め込むことが出来ない、ということはまずない、と歯科の先生はおっしゃっていました。
痩せた骨の形成技術がどんどん進歩していることがその大きな要因らしいです。
なので、わたしのように若い頃に歯を失ってしまい、あごの骨が痩せていて以前なら埋め込む事は出来ない、と歯科に断られた方でも今なら治療を受けられる、ということなのです。治療例の写真を見せてもらって驚いたのは、歯を全て失ってしまっている方でも、インプラント治療を受ける事によって本物の歯と見間違うほどのキレイな歯を手に入れることが出来ていたことです。
歯と歯の間の歯茎を形成する技術も進歩しているので、ただ人口の歯を埋め込んだだけ、という見栄えではなくて健康的な歯茎とキレイな歯を手に入れられるのです。
入れ歯やブリッジ、差し歯などの義歯だととりあえず普段の生活を送るのにはよいと思いますが、定期的な検診や作り変えなどどうしても手間がかかります。
そして、あごの骨が痩せ続けていき、骨格が変形していくデメリットがあります。
インプラントは直接あごの骨に人口の歯を埋め込むので、その後骨が痩せていく心配がなく、本物の歯と同じように力強く食べ物を噛む事が出来ます。
治療を受けようか迷っている方には是非1度歯科で相談してみてはいかがでしょうか。
わたしは来週、あごの骨を移植する手術を行います。
これから治療が終わるまで約1年かかりますが、頑張って1年後には本物の歯と同じような歯を手に入れて快適で健康的な生活を送ることが楽しみで仕方ありません。