インプラント治療には一部保険適用があります

MAIN IMAGE_インプラント

初めにそのことを知ったのはもうずっと前のことになります。
まだまだインプラントなんて聞いたことも見たこともなかった頃、父が近くの歯医者さんで歯の治療をしていた時のことです。
なんだか歯茎の上まで穴を開けて金具を差し込み歯を付けるんだとか言っていたような、今考えるとあれがインプラント治療のはしりだったのですね。
つい最近お友達がインプラント治療をしました。
やはり顎の骨に直接ボルトを差し込むのだそうで、まず歯に麻酔の注射をするらしいのですが、歯の麻酔の注射は震え上がるほど痛いんですよね。
私は前歯が差し歯なんですがその時の麻酔の注射の痛いの痛くないのってものすごい痛さです、今まで受けた痛みの中では一番痛かったと、二十年も前なのにまだ覚えている痛みです。
お友達は麻酔の後いよいよ手術に入ることになったのですが、顎の骨に穴を開けると言うことは考えただけでも身の毛がよだつというか、本当にものすごい事で、口の中でマンションを建ててるような音と響きで、たとえ麻酔が効いていてもそのものすごい響きは感じるわけで、もう生きた心地がしなかったそうです。
そしてその後その穴に五センチぐらいのボルトを差し込むんだそうです。
それも普通に太い工事用のボルトのようだったとのことです。
そのボルトにセラミックの義歯を取り付けて終わるのだそうですが、なんだかしばらくはボルトと歯をきっちり締めてしまわないで、毎月の検査があるそうなんですがその時にまた外して検査するんだとか、その内には検査の期間も間が空いていくのでしょうが、歯がちゃんと締まってないなんて落ち着かないですね。


お友達のインプラント治療には二百五十万円ぐらいが最初にかかり、そのあとの検査費用もそのたびに二万円ぐらい掛かるのだそうです。
インプラント治療には保険適用はないのでしょうか。
今まではごく一部で先進治療として認められ、民間保険の先進治療特約に契約していれば保険適用になったそうですが、2012年に先進治療の指定から外れ健康保険が使える様になったのだそうです。
とは言っても虫歯とか歯周病など自分の管理の悪さから歯をなくした人には適用されません。
今までどうり自由診療だそうです。
つまり全額自己負担です。
健康保険が適用されるのは、事故や病気や生まれつきの障害の為普通の治療では治らない人だけです。
保険が適用されるほどの事故や病気にはなりたくないので、やっぱり自由診療で全額自己負担の方が幸せでしょうね。
払えるお金も持ち合わせているのならこんないいことはありません。
是非全額自己負担で綺麗で丈夫な歯を手に入れたいですね。
でもその前に歯の治療を受けなくて済むように毎日歯をよく磨いておきましょう。
知り合いの歯医者さんの奥さんは、一緒に出かけても食後には必ず歯を磨きます。
三度の食事のたびに磨きます。
おやつには磨いていないようですが、虫歯はさすがに少ないです。皆さんも虫歯や歯周病にならないようにきちんと歯を磨きましょう。
歯磨きはやればやっただけの成果は必ず現れます。
歯医者さんで痛い思いをしないためにも頑張りましょう。
最後の最後にどうしてもダメならインプラント治療があります。
その時のためにもお金は貯めておきましょう。