インプラント費用は医療費控除の対象になります

MAIN IMAGE_インプラント

インプラントの施術費用はすべて保険外の自由診療となるため、この費用を少しでも取り返すあために翌年の確定申告で医療費控除の申告を行うことができました。
医療費控除のしくみについてはhttp://www.tindergigs.com/iryo.htmlに詳しく解説されているのですが、
基本的には上限が200万になります。
したがって高額のインプラントなどをおこなった場合にはよほとの本数を一回にやらない限りは殆ど税金で還付されることになります。
といってもあくまで課税の対象となる所得から控除されるだけですからまるまるの金額が税金でもどってくるというわけではないですが。
保険金などで補填されるものはまったくありませんでしたので領収書の額面と通院の費用の電車賃が該当することになり、この金額から10万円を引いたものが医療費控除の対象となる金額でした。
私の場合には総額でほぼ20万円弱ぐらいがかかっていますので、控除対象となるのは10万円強ということでした。
こうした医療費控除を受けるためには、きちんと歯医者さんから領収書をもらっておくことが必要になります。
実際保証をしてくれる関係もありますので、書類は快く出してもらえます。
一回に何本ものインプラントの装着をしてもらうような施術ということになると大きな金額がかかってることになりますから、こうした医療控除もとても役に立つものだとつくづく思った次第です。
健康保険にしても医療保険にしてもほとんど適用しないのがこのインプラントですから、なんとか少しでも戻ってくるのは、本当に医療費控除だけということになります。
したがって、きちんと確定申告で少しでも取り戻していくことがとても重要ですし、申告は簡単でした。


ところで歯医者さんにもだいぶ質問しましたが、インプラントの価格の構成要素ですが、http://xn--eckvdxb1d3bc2433joosb.tv/02.htmlにもかいてあるように
台座の材料だけで5万円程度はかかるそうで、その上に装着する人工歯も5万とか10万といった金額になるそうなので人件費をいれればやはり一本でも20万程度になるのはとても高いという金額ではないという説明を受けました。
実際人件費はほとんど変わらないわけですから1本5万とか8万といった金額で行ってくれる歯医者さんがあるとすれば、あきらかに安い歯科材料を使っているケースが殆どとのことです。
また安い材料ということですと登場するのが中国製なので、私の面倒をみていただいた先生によると安心できるのは、やはり国内の材料を使うことであると力説されておりました。
当然日本では人件費が何よりたかいわけですから、安いいという話になったときにはその理由というものについてしっかり把握すべきであるということをあらためて感じました。
ちなみにこうした医療費の領収書には明細もついており、だいたい何にお金がかかったのかもわかるようになっていました。
ある意味で良心的な歯医者さんに面倒みてもらえたと思っております。
歯科治療というのは個人ではできないものですし、そのプロセスもよくわからないことが多い意ものですが、インプラントについては比較的やり方も術後の動きも期間も納得できるものになっていたと思います。
できることならばもっと安く利用できるようになるとありがたいことは事実ですが、こうやって医療費控除までの作業をしてみますと、それなりに納得のいく手術とコストだったと思います。
インプラント治療の安全性と注意点についてかかれているサイトがあります。
また、成功しても長持ちさせることができるかどうかはその後のケアによって変わってくるそうなのでインプラント治療は一度おこなったらずっとケアを怠れなくなります。