インプラントの安全性は手術箇所次第

MAIN IMAGE_インプラント

インプラントの週術を実際に受けてみてよくわかったことですが、リスクと高い施術箇所と安全性の高いところの両方があるということです。
まず単一の歯のインプラントへのリプレースメントで、かつ頤の骨がしっかりしているところにインプラント体を埋め込むのであればかなり安全だと思います。
しかも手術が難しくない部位であれば早く終りますし、麻酔が切れても本当に痛くないというのは安全な手術であったことを示現していると思います。
最近の一回法と呼ばれる手術では台座を骨に固定しますと仮歯までつけてくれますので、もちろんきちんと定着するまでは恐る恐るかむことになりますが、非常に早いペースで安定化にむかっていくのが自分でもよくわかります。
1週間すればほとんど歯茎も元に戻ろうとしていますし、手術を受けた人間が実感できる安全な世界の中で治療が進んでいることがとてもよくわかります。
ただ歯周炎といった病気にかかることは大きなリスクですからとにかく安定化するまでは食後に消毒をするといったことは徹底して履行しなくてはなりません。
しかしこのレベルですと通常の歯科治療が弱冠神経質になったぐらいの世界だと思いますのでそれほど心配するレベルではありませんでした。
ですから単品の歯のインプラント化、下の歯の場合、自分で鏡で目視できる場所の治療といったものに関してはかなり安全性の高い部位であると言い切っても問題ないと思います。
それが実際に治療を受けてみての正直な実感です。
ところが、私の経験と違って周辺で治療を受けた方にお聴きしますとやはりリスクの高い部位もあるようです。


安全性の問題で注意をしなくてはならないのは複数の本数をインプラントにする場合、とりわけブリッジのような形状で何本もの歯を特定の歯で支えなくてはならない場合などは、頤の骨がそれを支えられるだけのしっかりしたボリュームをもっていないと厳しいようで、頤の骨自体まで補強していくということになるとかなりリスクが高まることは間違いがないようです。
もちろんいくつもの症例から施術の実績もあることでしょうからやってできない話ではないというこどでニーズがあれば施術に踏み切られるのでしょうが、こうした案件の場合には単品の比較的簡単なものに比べると安全性が下がっているように感じられます。
実際施術に失敗した場合にインプラントは結果として外れてしまうことになるのだと思いますが、それ以外に周辺の健康な歯にどのぐらい影響がおよぶことになるのかというのが安全性の件でさらに問題となるレベルであろうと思います。
ということで、恐らくですが、治療が成功して問題のなかった患者に聞けば安全というでしょうが、失敗事例としてトラブルに直面してことがある患者さんに聞くとかならずしもそういう答えにならないのではないかというのが率直な感想です。
通常の歯のトラブルであれば抜けてしまえば一応一巻のお終いということになりますが、骨にまで穴をあけているわけですからそれ以上の問題が起きることになるのかどうかというところがとても気になります。
そのあたりは歯科医の先生にもずいぶんと質問をしましたが、なかなか的確な答えにはならず、とにかく安全であるという話になりがちでした。